メンズもクレンジングが必要ですよ。週2回のスキンケア

grooming

スポンサーリンク

近頃男性でも、スキンケアに興味のある方が増えているのを感じています。

スキンケアというと、洗顔・化粧水・保湿といった事が思い浮かべますよね。

 

さらにスキンケア通になるために、クレンジングを始めてみませんか?

 

クレンジングはあまり身近に感じにくいので、実践しにくいです。

これから実践しやすいように、お伝えしていきますね。

 

ベストは週2回ですが、まずは週1回でからでも始めてみましょう。

 

 

そもそも男性に、クレンジングは必要なのか疑問ですよね。

<スポンサーリンク>

 

なぜ男性もクレンジングが必要ですか?

男性は皮脂を多く分泌されるため、クレンジングをする必要があります。

 

まず男性の肌について、簡単にお伝えしていきますね。

男性の肌の特徴

男性の肌は、皮脂の分泌量が女性より多い。

しかも2倍以上。

 

さらに年齢を重ねても皮脂の分泌量はあまり変化なく、減少しない。

特に、Tゾーンと呼ばれる、額(ひたい)から鼻にかけて多く分泌されてしまいます。

 

「テカリ」や「ベタつき」が気になりませんか?

皮脂が原因なんですね。

 

鼻の黒ずみも気になっている方もいませんか?

 

実は、皮脂は洗顔だけではなかなか落ちきらないため、毛穴の奥の汚れが残りやすい。

そのまま放置してしまうと、皮脂が酸化してしまい、黒ずみの原因になります。

 

このテカリ・ベタつき・黒ずみには、クレンジングが有効です。

 

ではクレンジングには、どんな効果があるのでしょうか?

 

クレンジングの効果

クレンジングの効果は、2つあります。

  1. 化粧や日焼け止めを落とす。
  2. 皮脂を取り除き、肌を滑らかに導く。

この2つです。

 

「化粧や日焼け止めを落とす」

男性だと化粧しないから、あまり関係ないと思いがちです。

しかし、今の時代日焼け止めをつける男性も多くなっていますよね。

 

自分も日焼け止めはたまに付けますよ。

 

日焼け止めは、洗顔では落とせないって知っていますか?

 

日焼け止めの中には、油分が多く入っているものもあるんです。

その油分がしっかり落とせていないと、油分が酸化して黒ずみやニキビ・肌荒れの原因になってしまいますよ。

日焼け止めだけでもクレンジングは必要です。

<スポンサーリンク>

「皮脂を取り除き、肌を滑らかに導く」

男性の皮脂は30代から50代にかけて、最も多く皮脂を分泌しています。

 

基本、クレンジングは油と界面活性剤でつくられています。

そのためクレンジングは、油性の汚れを落とします。

 

つまり、皮脂ですね。

 

なので、メンズもクレンジングが必要になります。

 

この2つの効果を見てもらうと共通点がありますよね。

 

クレンジングは、油分・油汚れを落とすのに効果があるのです。

なので、メンズでもクレンジングが必要になりますよ。

 

次はクレンジングの頻度についてお伝えしますね。

メンズも必要だからと言って、必ずしも毎日行う必要はないです。

クレンジングの頻度

クレンジングは、基本週2回でいいですね。

ただし例外もあります。

 

日焼け止めを毎日使っている方は、毎日して下さいね。

 

週2回の理由は、この2つ。

 

  1. 肌に必要な皮脂までも取ってしまうので、乾燥してしまう。
  2. クレンジングは洗顔料に比べると、洗浄力が強い。

 

皮脂汚れや黒ずみ対策で使用する場合は、週2回がベストですね。

 

クレンジングの必要性と効果はなんとなく理解できましたか?

理解できたところで、使い方もお伝えしていきます。

 

クレンジングのやり方とコツ

あまりクレンジングの機会がないので、コツさえつかめば簡単に実践できますよ。

クレンジングコツは3つ。

  1. 清潔ば手でクレンジングをする。
  2. 気持ち多めの量で、滑らせるようにクレンジング。
  3. 初めは少し温度が高めのぬるま湯、最後は水で綺麗にすすぐ事。

 

清潔な手でクレンジングをする。

汚れた手でクレンジングをしてもクレンジングの効果が発揮できません。

きっと手の汚れのほうが、落ちるでしょう。

 

DIYで塗装する方やステッカーを張る方は分かりますよね?

塗装するときやステッカーを張るときは、必ず脱脂(だっし)と汚れを落としてから作業に入ります。

脱脂や汚れを取らないと、塗装やステッカーがすぐに剥がれてしまいます。

 

つまり、汚れのついた手でクレンジングをすると、本来のクレンジングの効果が半減してしまうということになりますよ。

なので、清潔な手でクレンジングしましょう。

 

気持ち多めの量で、滑らせるようにクレンジング。

洗顔と同じようにクレンジングもゴシゴシ肌をこするのはNGですよ。

 

クレンジングで肌を軽く滑らせるように、汚れを落としていきます。

クレンジングの油でツルっと汚れを取るイメージですね。

 

なので、ケチって量を少なく使うと、滑りが悪くて肌に負担をかけてしまいます。

滑りをよくするために気持ち多めで使いましょう。

 

初めは少し温度が高めのぬるま湯、最後は水で綺麗にすすぐ事。

これは僕が感じたコツになります。

温度が高いぬるま湯ですすぐと、肌に良くないと言われたことがあります。

 

しかし男性の場合、女性の2倍の皮脂が分泌されているので、温度が高いぬるま湯のほうがしっかりと皮脂が取れます。

 

フライパンの油汚れはお湯のほうがしっかりと洗い流せますよね?

そんな感じです。

 

ただそのままぬるま湯で終わらせないで、最後の数回は水ですすぐようにしていますよ。

 

開いた毛穴を引き締めるためですね。

 

コツを紹介してきましたが、簡単ですよね?

化粧や日焼け止めをしていなければ、週2回でいいので実践しやすいですよ。

まとめ

今回クレンジングについてお伝えしてきました。

クレンジングと聞くとあまり、身近に感じられないと思います。

 

しかし、必ずメンズでもクレンジングが当たり前になっていきますよ。

 

うちの店でも大人は、クレンジングをしてからシェービングをしています。

スッキリ感や気持ちよさが、普段より感じられてお客さんは喜んでくれていますね。

 

クレンジングの必要性して、男性は女性の2倍も皮脂を分泌している。

皮脂が残ると、テカリ・ベタつき・毛穴の黒ずみの原因になってしまいますね。

そのためにメンズでもクレンジングは、必要。

 

クレンジングの効果は、2つ。

  • 化粧や日焼け止めを落とす。
  • 皮脂を取り除き、肌を滑らかに導く。

クレンジングのやり方&コツは3つ。

  • 清潔ば手でクレンジングをする。
  • 気持ち多めの量で、滑らせるようにクレンジング。
  • 初めは少し温度が高めのぬるま湯、最後は水で綺麗にすすぐ事。

実践してみる価値はありますよ。

 

洗顔だけより、肌が滑らかになりますからね。

 

クレンジングもいくつか種類もありますので、また次回お伝えしていきます。

 

ではまた。